タイヤは定期的に交換しよう【楽々!簡単!楽しい!ハーレーカスタム】
楽々!簡単!楽しい!ハーレーカスタム

定期的なタイヤ交換が望まれるハーレー

ハーレー タイヤ

せっかくハーレーに乗っているのに、タイヤが傷んでいると印象が悪くなってしまいます。事故の危険性も高くなり、すり減ってしまったタイヤは非常にリスクがあります。

タイヤは大事なパーツなので、タイヤ交換を先延ばしするのは危険です。タイヤ交換は安全性を確認し、デザインを刷新する機会になります。

基本的に、スリップサインが出たらタイヤを交換するのですが、約8,000km~10,000kmを走るとスリップサインが出ます。もしスリップサインが出なくても、通常3年から4年で交換するのが良いでしょう。タイヤのゴムは約2年から3年で硬化し、仮に溝があったとしてもゴムが硬くなってしまったタイヤは滑りやすくなります。

タイヤは走行距離に関係なく経年劣化が起こり、代表的な経年劣化の症状はサイドウォールのヒビ割れでしょう。見た目はもちろんタイヤの弾力性もなくなるので、早めの交換が大切です。路肩にはガラス片やクギなど落ちていることが多いので、路肩を走る際には特に注意が必要になります。

ハーレーはタイヤを交換すると雰囲気が変わるので、タイヤの性能はもとよりデザインも大切です。ハーレーのイメージを変えたいという人にはパターンカラーの違うものを選ぶのがおすすめです。

ハーレー タイヤ

クラシックな雰囲気のヴィンテージ・タイヤも人気で、黒だけでなくホワイトウォールのものも人気があります。

以前はワイドタイヤに交換するのが人気でしたたが、サイズを変える方法もあります。

但しタイヤのサイズを変更すると、ホイールやフェンダーなども交換することになるので注意が必要です。金額も大きく変動するので事前に見積もりする方が良いでしょう。タイヤを交換する際、ホイールを交換する方法もあります。

近年ではブラック・ホイールリムの人気が高いですが、クロームもコアなファンの間で人気があります。錆び対策の一環で、スポークをスチールからステンレスに交換する人も増えています。